書籍出版

2018年4月28日 (土)

【電子書籍】「NOSとNOOSの精神分析」 全3部、 ユング編、ラカン編、オイディプス編

『NOSとNOOSの精神分析』全3部(Kindle本) \940

~ユング精神分析編~ \320

~ラカン精神分析編~ \320

~オイディプス編~ \320

Seishinbubnseki_title

サンプル⇒

半田広宣提唱の宇宙論『ヌーソロジー』と、
ユング、フロイト、ラカンなどの精神分析をかけ合わせた、
「ヌーソロジー×精神分析」の本。

ゼロからでも精神分析の主要な概念が分かるような内容を目的としつつ、
ヌーソロジーの概念と絡めることによって、
双方の理解を深めつつ、
幅広いジャンルから「精神病」というテーマを取り扱えるようにすることを目的とする。

また、普段は別々に語られることが多い「ユング」や「ラカン」だが、
それらの提唱している概念に繋がりを見出しつつ、
ユング、フロイト、ラカン、アドラーといった人物の精神分析学を横断して扱う目的もある。

「心理学の内容」と「ヌーソロジーと絡めた内容」とを分けて記述しているため、
ヌーソロジーを知らなくても、ユングやラカンなどの心理学・精神分析学について理解することができる。
 

==目次==

~ユング精神分析編~

**はじめに**

**「ヌーソロジー」の簡単なおさらい**
・次元観察子の階層構造
・奇数系は「自己・精神」寄り、偶数系は「他者・物質」寄り
・ケイブコンパスについて

続きを読む "【電子書籍】「NOSとNOOSの精神分析」 全3部、 ユング編、ラカン編、オイディプス編"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

【書籍&電子書籍】「リアル魔法使い研究: ~魔法の仕組みとその他の仕組み~」

『リアル魔法使い研究』
~魔法の仕組みとその他の仕組み~(Kindle版)
 \640

・書籍版 \2,419

Riamaken_title_2

サンプル⇒

「リアル魔法使い」・・・
ファンタジー世界に登場する魔法使いは多く語られているが、
現実に登場する「リアルな魔法」とは何なのか?
それは、主に「人間の意識」を扱うものなのではないか?

魔術結社に所属していたわけではないけれど、
精神構造にはそれなりに詳しい筆者が、
リアルな「魔法」についてと、
その発生の仕組みについてちょっと書いてみる。

魔法に決まった「マニュアル」というものはない。
何故ならそれは「汝の意志することをなせ」の思想のものであり、
己の奥底に眠る「汝」を目指すものだからである。
しかし、その仕組みについて掘り下げ、
指針を示すことが出来れば、
それはマニュアルと言えるのではないか?
そういう試みの元に書いた、
魔術やオカルトに関心のある人に読んで欲しい「魔法の本」。

※2017/09/23
『リアル魔法使いマニュアル』⇒『リアル魔法使い研究』
に名称改訂を行いました。

==目次==

**はじめに**
■「リアル魔法使い」とは何か?
■魔法にマニュアルはあるのか?
■筆者についてと「ヌーソロジー」について

続きを読む "【書籍&電子書籍】「リアル魔法使い研究: ~魔法の仕組みとその他の仕組み~」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

【書籍&電子書籍】「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」

・「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」(書籍版) \1,728

・「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」(Kindle版) \900

Noos_basic_title

サンプル⇒

「ヌーソロジーとは、物質と精神の関係を空間という視点から接合しようとする具体的なイデア論です。」

というように説明される、半田広宣が提唱する宇宙論『ヌーソロジー(Noosology)』。

ネットで公開されているテキスト「Raimuのヌーソロジー入門」の筆者が、
半田広宣の監修を受けつつ、
さらに読みやすいように整理した書籍を作成。

「ヌーソロジー基本概要」に該当する所に加え、
「ヌーソロジー本論入門部」についてや、
「変換人生活のためのヒント」というテーマのテキストを追加。
最後には、ヌーソロジーの基本となる用語を押さえることができる「ヌーソロジー用語一覧」を追加。

ヌーソロジーの主要な知識を一通り押さえることができるハンドブック。

※Kindle版は、文字サイズ変動の都合上、紙の本とレイアウトが異なりますので、予めご了承ください。

===目次===

続きを読む "【書籍&電子書籍】「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

【書籍&電子書籍】「4次元思想とフラットランド」

「4次元思想とフラットランド」(書籍版) \1,685

「4次元思想とフラットランド」(Kindle版) \540

4zigen_title_

サンプル⇒

我々の住んでいる世界は「3次元空間」。
もし、「4次元空間」が存在した場合、それはどのような世界なのか?
「異世界」へのアプローチを試みる。

前半の章は、E.A.アボットの著作「フラットランド 多次元の冒険」がテーマ。
2次元図形の住人が住む世界「フラットランド」から、
キリスト教の世界観などを絡めて、
「4次元」に対してアプローチする。

後半の章は、21世紀の宇宙論「ヌーソロジー」がテーマ。
「4次元をどうすれば認識できるのか?」について、
アインシュタインの特殊相対性理論、ベルクソンの純粋持続、
仏教の止観瞑想、ユング心理学の自己(セルフ)などを絡めてアプローチする。

抽象的な「見えない世界」を、幾何学的な枠組みを使って、構造的に解き明かす。

===目次===

■4次元空間に関する一般見解
・4つめの軸
・観察の法則
・切断の法則
・4次元立方体とその展開図
・4次元はどこにあるのか?

続きを読む "【書籍&電子書籍】「4次元思想とフラットランド」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)