« 推しの本を5冊ほど、Amazonで書籍レビューを書きました | トップページ | ■サイキックの研究と分析(38) ~自分に合った生存戦略を選ぶ~ »

2019年5月12日 (日)

■サイキックの研究と分析(37) ~卵の殻を破る時の要領~

Photo_2

不定期連載『サイキックの研究と分析』シリーズ。 記事一覧はこちら。
 


◆◇サイキックの研究と分析(37) ~卵の殻を破る時の要領~◆◇

サイキックを身につけるぞ!
と望んで決心して取り組んだ時、
起きる事象は「卵の殻を破る行為」だという例えが、
自分は好きです。

ゆで卵を食べるために殻を破っていく時の話じゃないですよ。

もし、自分が卵の中のひよこだった場合、外に出るために破る時の話です。

 
Settakudouzi
 
仏教用語で「卒啄同時(そったくどうじ)」と言うらしい。

 
殻を破るための力には、「内側から自分で殻を破る力」「外側から親鳥に殻をつついてもらう力」というのがあります。
そして、サイキックにおいても、
「物質世界の中にある意識」という殻を破るためにこの二つの力があるわけです。
できれば両方あることが望ましいですが、力が強い場合は片方の力で破れることもあるでしょう。

鳥の卵というと、特にダチョウの卵とかはすごく固いらしいですが、サイキックの壁というのもそれぐらい固いようなものでしょう。
特に、理性が強かったり筋肉が強かったりする人ほど、その壁は強固なものになります。
自分一人で割るのも大変なので、親鳥にコツコツと破るのを手伝ってもらうこともあるでしょう。

 
■親鳥に殻をつついてもらう力について

Settakudouzioyadori
Bussituseisinn2
 
まずは、「親鳥に殻をつついてもらう力」についてです。

これは「召喚系の魔術」に該当するだろう、と自分は思ってます。
「召喚系の魔術」については、以前にも書きました。

◆サイキックの研究と分析(19) ~「振動のようなもの」を利用する~

西洋はこの手の技法が得意分野であることとか、
あと、「振動のようなもの」を利用することと、「召喚魔術」が関係してることを書きました。
 

Bussituseisinn3_1  

 
こうした力によって、
外側からの力で、サイキックの感覚を認識しやすくできるし、
「導き」みたいなものを得ることもできます。
それから、何かに気づきやすくなったり、タイミングよく良い出会いができたりすることもあります。

しかし、これだけだと、自分で卵の殻を破っていないので、実は自分の力が弱いです。
これでは「アセンション」などをしていくにおいては物足りない・・・ということで、次の手段が必要になります。

 
■自分で殻を破る力について

Settakudouzihiyoko
Bussituseisinn1
 
やはり、最終的に頼るべきものは己の力。
「自分で殻を破る力」に該当するものは、
『サイキックの研究と分析』で言っている「ミクロ知覚」に該当します。

宇宙論「ヌーソロジー」とかでも、
「ミクロ」に対する理解は基本になるもので、
ヌーソロジーで言われている「能動的な知性」というのもそこに通じています。
ヌーソロジーだと特に「奥行き」というものを理解することが肝になります。
「奥行き」は「ミクロ知覚」から開けてくるものでもあります。

ヌーソロジーの「奥行き」という概念については、
以下の書籍でもよく出てくる言葉です。


 
こうした「ミクロ知覚」や「奥行き感覚」によって、
「自分で殻を破る力」を身につけることにより、
スピリチュアルな原理を理解しながらも、自己先手で世の中を動くことができます。

あと、仏教の一派である「禅」などは、実はこっちの方向性に近いです。
「禅」という言葉は、主に瞑想行法のことを指し、単純に瞑想しているだけでは、自己に向かって閉じこもってるだけですが、そこから「動き」に転じることで、色々と発展させることができます。

さらに重要なのは、「禅」よりも「止観」というやつです。
これは「禅」の発展系みたいな発想で、
「止」の「観」の二つの作用を使うものです。
「止」(サマタ:samatha)とは、「心を落ち着ける」や「心の動揺を留める」といった意味の言葉で、これは、心の散乱を「止める」ということでもあります。
それから、「観」(ヴィパッサナー:vipassana)とは、「対象のありのままを観察する」や「事物を真理に即して正しく観察する」という意味です。
それら「止」と「観」を合わせて行うのが、「止観」という瞑想方法になります。
「止」と「観」はお互いが転換して、相互発展していく性質を持ちます。
中国の「天台宗」の創始者である「智顗(ちぎ)」という仏僧は、
始めは「禅」を重要視してましたが、後に「止観」の方を重要視するようになり、
そこから、『天台小止観』や『摩訶止観』といった講義録が生まれ、
それが、日本仏教の代表的な宗派の一つである「天台宗」でも伝え続けられるようになりました。
 
つまり、仏教のそうした一派でも、こうした概念が重要視されているということです。

 
■自力の利用と他力の利用

「自分で殻を破る力」と「親鳥に殻をつついてもらう力」は、
言い換えると「自力」「他力」だと言えます。
もっと言うと、「自力本願」のものと、「他力本願」のものだとも言えます。

実は、「自力本願」と「他力本願」の二つについては、宗教思想や神秘思想全般で悩みの元となるもので、
仏教でもそれによって流派が分かれてたりします。

以下は、宗教学を研究をしている「中村圭志」という人が作った図です。
それぞれ「自力本願=自力の修行」「他力本願=他力の信仰」に近いものとしましょう。
 

Dqdx2suuaascjc
https://twitter.com/seattlelubbock/status/1058209344464932864

 
以上のように、元々の原始仏教は「自力本願」が主流のようでしたが、大乗仏教において分かれ目が出てくるようになります。

「自力本願」と「他力本願」は、それぐらい分かれやすい分野なわけです。
これは仏教に限った話ではなく、宗教や神秘思想の研究においてもこの二分は肝になります。
「他力本願」を重視すると「宗教」に近づくようになり、「自力本願」を重視すると「哲学」に近づくようになる傾向があります。

どっちを重要視するかについては、個人によって意見が割れる所で、一概にどっちが良いとかは言えないものなわけです。
とはいったものの・・・結局の所、「両方必要なもの」なのではないか?・・・と言うことができると思います。

ということで、『サイキックの研究と分析』的には、
とりあえず両方あると心強いものだ、ということで話を進めていきましょう。
 
 
 


<次へ>

◆自分に合った生存戦略を選ぶ


|

« 推しの本を5冊ほど、Amazonで書籍レビューを書きました | トップページ | ■サイキックの研究と分析(38) ~自分に合った生存戦略を選ぶ~ »

【連載】サイキック研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 推しの本を5冊ほど、Amazonで書籍レビューを書きました | トップページ | ■サイキックの研究と分析(38) ~自分に合った生存戦略を選ぶ~ »