« 西洋占星術の歴史をざっくりとまとめてみた | トップページ | 『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』という本を読んだ感想 »

2018年6月 2日 (土)

「自分の知り合いに見る〇〇座の性格」シリーズ

Img_20180602_1803283

 
西洋占星術ネタで、
自分がTwitterで何気なくツイートしてた、
『自分の知り合いに見る〇〇座の性格』というのがあります。 

西洋占星術を習得中の身として、
星座ごとの性格(一般的に言われる~月生まれの星座、みたいなやつ)を、
自分の周りにいる知ってる人をベースに簡単に書いていました。

12星座が全て揃ったことだし、ここにもまとめてみることにしました。
 

※奇人変人のいて座である自分視点によるものになります。
※「火属性」というのは、おひつじ座、しし座、いて座のことを指します。


<自分の知り合いに見るおひつじ座の性格>
・とりあえず素で突っ走る能力が高い。
・シンプルにパンクなモチーフのものが好き。
・気に入らないものは中指立てながらも突っ走っていくスタンス。
・うお座によってる場合はアーティスト補正がかかってる。
・おうし座によってる場合はちょっとしっかりしてる。事業とか起こしそう。

<自分の知り合いに見るおうし座の性格>
・それなりに落ち着いた物腰の態度を取る。
・たまにおうし座に見えない人もいる。ただ、休息を取るのが大好きなのがやっぱりおうし座っぽい。
・多趣味な印象がある。結構いろんなことに興味を持ちやすい。
・おひつじ座によってる人はやっぱり斬新なもの好き。起業とかしそう。
・ふたご座によってる人は仕事ができそう。

<自分の知り合いに見るふたご座の性格>
・あんまり身近な知り合いにいないので言えることあるか微妙だけど……とりあえず、社交的な能力高そう。
・知的な分野で活躍してる人もいる。
・オカルト関係やるとしたら、学術的な視点を結構持ってる。
・おうし座によってる人はじっくり学問やるのに向いてそう。
・かに座によってる人は人当たりも良さそう。

<自分の知り合いに見るかに座の性格>
・繊細なので、ちょっとしたことで気にしたりする。バッシングに弱い。
・話が上手い。というか、理屈はさておき親しまれるのが上手い。気づかいも上手い。
・家庭が大事っていう発想に行き着きやすい。発想が大衆的なので大衆にウケやすい。
・ふたご座によってる人は知的な分野向きに補正かかってそう。
・しし座によってる人は、ちょっと強いお父さんお母さんみたいな補正かかってそう。

<自分の知り合いに見るしし座の性格>
・とりあえず野心が強い。なんかデカいことをしたがってる。
・リーダーができるかどうかは別問題。ただ、率先して何かをしたがりそうな性格はある。
・他の火属性と比べると社会的なことを考えるので仕事ができる。けど、言うことを聞くとは限らない。
・かに座によってる人は、角は丸めで良い人そう。
・おとめ座によってる人は、野心に加えて仕事までできそう。

<自分の知り合いに見るおとめ座の性格>
・とりあえず、キッチリと作業をする能力が高い。
・真面目でないこともある。ただ、作業となるとキッチリやるし、ルールも押さえてるのでしっかりしてる。
・自分の知り合いは特に不真面目な要素強い人多いけど、ルールは分かってるらしくて立ち回りが上手い。
・しし座によってる人は真面目じゃない方によってそう。
・てんびん座によってる人は仕事ができて人当たりもよさそう。

<自分の知り合いに見るてんびん座の性格>
・自分みたいな変人にも話しかけてくれるようなコミュ力。ただ、八方美人な性格で、実は「自分」というのをあまり持ってないらしい。
・リア充適正があるけど、変人コミュニティに属してることもある。
・イノベーションを起こす人と相性が良いけど、役割は仲介役なので、本筋の人とは考え方が違う。
・おとめ座によってる人は世渡りが上手そう。
・さそり座によってる人はちょっと闇を抱えてそう。いくらかは「自分」みたいのを持ってそう。

<自分の知り合いに見るさそり座の性格>
・不器用星座の代表格。この世の闇とか哲学に興味ある。
 一見、そうは見えないこともあるけど、よくよく見てみるとやっぱり微妙に不器用だったり、発想が極端だったり、哲学とか変なものが好きだったりする。
・精神力が凄い。よくそんなことできるねみたいなことをやってる。
・ちなみに自分のMC星座はこれ。
・てんびん座によってる人は人当たりが良いのでマシになってそう。多少は器用かもしれない。
・いて座によってる人はもっと宗教哲学とかに凝ってそう。

<自分の知り合いに見るいて座の性格>
・自分となんか発想が似てるな~と思ったら、いて座なことがあるあるなマイ星座。
・基本的にフリーダム精神を胸に生きてる。
・一見フワフワしてるようで結構色々考えてる。自分独自の哲学を持ってて、それを力強さにして生きてる。
・さそり座によってる人は哲学色が濃そう。
・やぎ座によってる人は、よってない人よりもしっかりしてそう。

<自分の知り合いに見るやぎ座の性格>
・なんかやたらと知り合いに少ない……というかほとんどいないぞ。つまりそんなに合わないのか……
・とりあえず根が真面目なんだと思う。
・骨が丈夫。みたいな性格。ノリがキツいとついていけなそう。
・いて座によってる人は、いくらかラフな方によってそう。
・みずがめ座によってる人は、真面目な職人みたいになってそう。

<自分の知り合いに見るみずがめ座の性格>
・自分の知り合いに結構多い。斬新だけど友好的な性格が合ってるっぽい。自分のASC星座でもある。
・のんびりだったり楽観的だったりマイペースだったりするけど話しやすい。
・大体、変わったものが好き。イノベーションを起こす奴だけど、火属性系とは微妙にノリが違う。単独で戦えるというよりかは、友人か機械に頼る方が向いてる。
・やぎ座によってる人は、変なもの好きに真面目な性格が混ざってそう。
・うお座によってる人は、変なもの好きにロマンチシズムが混ざってそう。

<自分の知り合いに見るうお座の性格>
・これも割と知り合いに多いかな? アーティスト適正とオカルティスト適正があるけど、人当たりの良いコミュニケーションもできるという印象。
・イノベーションを起こす火属性系のようにアートに走ることもあるけど、こちらはあくまで「夢を与える」能力が高い。
・自分の場合だとアートには哲学を求める傾向があるけど、こっちの人はあくまでロマンを求める傾向にある。ファンタジー感が大事。
・みずがめ座によってる人はハイテクなものにもいくらか惹かれそう。
・おひつじ座によってる人はロマンに加えて行動力もありそう。


|

« 西洋占星術の歴史をざっくりとまとめてみた | トップページ | 『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』という本を読んだ感想 »

西洋占星術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/73608018

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分の知り合いに見る〇〇座の性格」シリーズ:

« 西洋占星術の歴史をざっくりとまとめてみた | トップページ | 『発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術』という本を読んだ感想 »