« 佐藤博士の電子書籍シリーズについて紹介しておく | トップページ | 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 »

2017年7月15日 (土)

「エニアグラム」の9タイプを配色で表わした試作品

最近、某ブログで「エニアグラム」がちょっと話題になっています。

◆ヌーソロジストのエニアグラム的特徴

自分も、「エニアグラム」は大学時代に調べてて、
そうした中で「エニアグラムを配色で表わした見やすい図を作ろう」
ということで、以下のようなものを作ってました。

_

大学時代に作ったものなんで、
どこまで的を得てるかは正直怪しいですが、
「試作品」みたいな感じで、
ちょっと公開しておきます。

|

« 佐藤博士の電子書籍シリーズについて紹介しておく | トップページ | 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 »

精神世界系」カテゴリの記事

コメント

まあ、「だったら自分でやれよ」って話ですが、エニアグラムは、元々は宇宙のプロセスの図表なんですよね。で、性格タイプ論としてのエニアグラムは、その「応用編」の一つに過ぎません。

にもかかわらず、エニアグラムの持つ本来の意味合いと、性格タイプとしてのエニアグラムとを合わせて論じたものを、私はほとんど見たことがありません。

かろうじて、とらわれを強める方向と、解放や統合が進む方向として、エニアグラム本来のプロセス論の「残渣」が語られているのみで、あとは、別に9タイプに分けることができれば、別にエニアグラムという図形自体はどうでもいいようなものばかりです。

私は、もう処分してしまいましたが、『グルジェフ・ワーク』という本に、エニアグラム本来の解釈が結構詳しく載っていたのを覚えています。

本来、タイプ論としてのエニアグラムも、こうしたこととの絡みで論じなければならないはずだと思うのですが。

投稿: ふう | 2017年8月 6日 (日) 16時03分

>ふうさん

元々は、グルジェフが作った図形とのことですが、
今あるタイプ論の発祥がイマイチ分からないみたいなので、気になる所ですね。

投稿: Raimu | 2017年8月10日 (木) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/71146796

この記事へのトラックバック一覧です: 「エニアグラム」の9タイプを配色で表わした試作品:

« 佐藤博士の電子書籍シリーズについて紹介しておく | トップページ | 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 »