« 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 | トップページ | 「うつみんの凄すぎるオカルト医学」を読んでみたら、実際に中々凄かったと思った »

2017年7月23日 (日)

「ハンドスピナー」について。買ったものを紹介してみる

Img_20170723_090706_2

 
『ハンドスピナー』
というものに最近興味を持ち、
色々と買っていました。

『ハンドスピナー』とは、アメリカ辺りが発明した、ただ指で回すだけのアイテム。というか玩具。
用途としては、何となく回して遊ぶ、回転という物理現象の実感、自閉症の人の精神安定用、ストレス解消、猫の玩具と、幅広い用途?を持つ商品です。
(自分は猫を飼ってないので、遊ばせることはできませんが・・・)

以下、自分が買ったやつを紹介していきます。
 

<一号>

まずは始めに買ったやつ。
デザインで選んだけど、これは当たりだった。結構気に入ってる。
素粒子っぽいデザインと言えなくもないので、
スピ系やヌース系の人にも割とオススメできるコンセプトの商品だと思う。

<二号、三号、四号>
  
青いやつが色々と欲しかった。
全部金属製なので、「青色メタリック3兄弟」と呼ぶことにする。
二号は思ったより重かった。やや重量級。勢いよく回る。
三号はそれと比べると軽い。若干安そうな雰囲気してる?
四号は、オーソドックスな三枚羽タイプ。回す時に若干カタカタ言う。ちょっとイマイチかもしれない。

保存状態が悪かったのか、二号は保管しているうちに壊れてしまうという事態に。
あと、三号が一番まともに回るけど、回転時に微妙な金属音が聴こえてくる作りなので、そういう所がマイナス評価になった。
四号はやっぱり回すとちょっとカタカタ鳴る。

結局、どれも何かしらの欠点を持つという結果になってしまった。
それから、三つともメタリックな雰囲気が強いので、
あんまりメタリック過ぎるのも味気ないという感想を持つようになる。

<五号>

Ws000002

◆HT-HS3PBU

「日本製」ということで買った三枚羽。樹脂タイプ。
PC付属品からゲームのコントローラーまで色々作ってるエレコム社の製品。
やはり日本が好きなので、日本製の玩具というのが良かった。
内容としても作りが安定している感じ。
四号と同じ三枚羽タイプだが、性能と回し心地はこっちのが良い。流石は日本製。
割と無難にオススメできる商品。猫の玩具に買い与える場合もこれを選びたい。

<六号>

また単純にデザインで選んだ。六片はデザイン的に好き。
軽い気持ちでアマゾンでポチったら、中国から国際郵便ではるばる来た模様。中国製かぁ・・・
思ったよりも重い印象。カラーリングは金というより銅にも近い?
それなりに回ってくれるけど、若干カタカタ言う気もする。
あと、やはりこういうのを作るのは実際難しいものなのか、よく見ると回転時の形が完全な円形になってない所がある。
思ってたほどのクオリティではなかったかもしれない。
 

・・・以上。
あんまり集めるのもあれなので、これくらいにしておきたいですが、
これは良いってデザインのものがあったら、また何か買うかもしれません。

ラインナップは色々とありますが、海外製も含むということで、当たりハズレも一応あると思った方が良いみたいです。
ハズレでもそれなりに回るけど、ちょっとした細かい作りの荒さでも気になってしまう商品な気がします。
自分が買った中でも、気が向いたら回したい気が起きるのは1号と5号あたり?という感じ。
とりあえず、日本製のエレコムさんのやつはオススメできます。樹脂タイプが良いかもしれません。

|

« 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 | トップページ | 「うつみんの凄すぎるオカルト医学」を読んでみたら、実際に中々凄かったと思った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/71217676

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハンドスピナー」について。買ったものを紹介してみる:

« 「Unityで作った多面体ビューアー」を公開します。 | トップページ | 「うつみんの凄すぎるオカルト医学」を読んでみたら、実際に中々凄かったと思った »