« 「数秘術計算プログラム」というのを作りました | トップページ | 新表紙版の「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」のフォント変更による問題 »

2017年5月14日 (日)

「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」で「魔術・魔法」が絡んでそうな概念について

Noos_basic_title_2

自分の出している書籍である『ヌーソロジー基本概要+(プラス)』は、
『ヌーソロジー』という宇宙論の知識をまとめた書籍ですが、
ここで、小難しい所は飛ばして、
「魔術・魔法」と絡んでいそうで、
重要だと思う概念の所を簡単に述べていくことにします。

 
■3つの意識領域

まずは、「全体の世界観」として出てくる、
『オリオン』『シリウス』『プレアデス』という三つの概念があります。
これは、星の名前のようであるけれど、
高次元・低次元を含めた「意識の領域」のようなものを指しています。

Takahimara0_2

 

4つめの『スマル』も合わせて、
ヌーソロジーの全体像となっていますが、
この内の『オリオン』『シリウス』『プレアデス』の三つは、
それぞれ、「一神」「多神」「地上」に対応しています。

「地上」である『プレアデス』より上位は、
およそ「スピリチュアル」な世界であり、「魔術・魔法」的な世界だと言えますが、
その中でも、「一神教」的である『オリオン』の領域と、「多神教」的である『シリウス』の領域とでは違いがあるということ押さえておいた方が良いです。
『プレアデス』と『オリオン』の中間領域として、
『シリウス』という存在を捉えることが大事だと思います。

それから、この三つはそれぞれ「太陽」「月」「地球」にも対応していますし、
また、「アマテラス」「ツキヨミ」「スサノオ」にも対応しています。

さらに、「青・緑・赤」という色に対応しているという説もあります。
これは後付けな解釈らしいですが、なかなかしっくり来るものです。
 

■4つの基本原理と二義的な原理

ヌーソロジーには、『負荷』・『反映』『等化』『中和』という4つの基本原理があり、
『負荷』⇒『反映』⇒『等化』⇒『中和』という順番で発展していき、
5番目でまた『負荷』に戻るという構造になっています。

Huka_3 Hanei

Touka Tyuuwa

ここで出てくる数は「4」という数になります。
これは、トランプにある4つのマークだとか、4大元素とかとも対応していそうな数です。

それから、「奇数」「偶数」とで対になっていて、双方がぶつかったり統合されることで成長するというような、螺旋的な構造となっています。

Kansatusi

ここで、「奇数」が「精神」、「偶数」が「物質」を先手とするように対応しているので、
片方を全否定的に捉えるのは、望ましくないことになります。
この辺の考え方は「錬金術」とも近いと思います。

それから、「奇数」が「自己」、「偶数」が「他者」にも対応しているので、
「自己」と「他者」の関係に付き合うことが、
世の中において大事だという教えにもなります。
 

■観察子の構造

『観察子』という概念は、「カバラ」の「生命の樹」ように、
人間の潜在意識にある「意識のユニット」のようなものであり、
ヌーソロジーではこれを使って意識を捉えていくことになります。

Sephiorth1_2

ただ、『観察子』と「カバラ」とでは成り立ちが異なっているため、その点は注意が必要です。
カバラは「神(ケテル)によって物質世界(マルクト)が作られる経緯」といった世界観を持っていますが、
逆に「地上(物質世界)から潜在意識へ」という話であると、
ヌーソロジーの『観察子』の方が興味深い気がします。

「生命の樹」の「セフィラー」は、全部で「1~10」なのに対し、
『観察子』は全部で「1~14」まであり、「1~8」で一旦の区切りがあります。

また、『観察子』は、「惑星」などとも対応しており、
3⇔4,5⇔6,7⇔8あたりは、
以下の要素と絡んでいます。

C7z1an8vwaawtwd_2

それから、1~8までの観察子は、
奇数のものが「エーテル体」を構成していて、偶数のものが「物質体」を構成しているので、そうした概念とも関係があります。

Pic791

『観察子』の仕組みは、意外と単純であり「数字が高いほど高次元」となっているため、
ステップアップ式の捉え方でも良いし、そこにある階層構造は明確になっています。

Kansatusi2

ただ、『ケイブコンパス』という図使って捉えた場合など、見方を変えるともうちょっと複雑になることも、
念頭においておくべき所です。


・・・以上、ヌーソロジーの基本的な説明ですが、とりあえずここまでにしておきます。

結局の所、『シリウス』であるとか『観察子』であるとか、
普段は見えづらい世界観を「顕在化」させていくというのが、
ヌーソロジーでやっていくことになります。
そうしたものを、自分で「認識」したり、「観測」したりしなければいけないので、
やっぱり、人間の生き方が色々である中、
そこで様々なアプローチが必要になるので、
色んなことをやっていった方が良いという気がしてます。

|

« 「数秘術計算プログラム」というのを作りました | トップページ | 新表紙版の「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」のフォント変更による問題 »

ヌーソロジー」カテゴリの記事

コメント

名前を(あお)から(かものメ)にします。

箸が転んでもおかしい年頃の娘による「4つの基本原理の暗記法」というのを考えました。

負荷 コロコロと音がする、ころころと笑う
反映 コロコロ転がる
等化 コロコロ回転する
中和 コロコロ変わる

面白くなかったら、ごめんなさいね。

投稿: かものメ | 2018年3月11日 (日) 16時43分

箸が転んでもおかしい年頃の娘による「4つの基本原理の暗記法」を変えてみました。

負荷← ころっと転がる
反映⇄ ころころ音がする、ころころ笑う
等価↑↶ ころんと回転する
中和↓↔ コロリと変わる


トランプにある4つのマークとの対応は、

負荷 ♠   反映 ♡
等価 ☘   中和 ♢

と思っています。

投稿: かものメ | 2018年3月13日 (火) 12時21分

読み返してみたら、かものメのコメントは、独りよがりの残念な感じですので、消してしまって構いません。
色々すみませんでした。

投稿: かものメ | 2018年3月14日 (水) 18時22分

>かものメさん

いえいえ、
確かトランプのマークとの対応は、半田さんも同じことを言ってた覚えがあります。

投稿: Raimu | 2018年3月15日 (木) 20時00分

『ヌーソロジー基本概要+』で覚えておきたい所を書いてみます。コメントの返信は、気が向いた時にだけしていただければと思いますので、返信無くても大丈夫です。

1.負荷 ♠    とある始原となる存在があったとして、そこからスタートする作用。
2.反映 ♡    『負荷 ♠』というスタートの力に対して生まれる逆向きの作用。
3.等化 ☘    『負荷 ♠』 と 『反映 ♡』 という、背反するものを「統合」するような「回転」の作用。
           または、対称性を見出す作用。
4.中和 ♢    『等価 ☘』の回転に対する逆回転。分離するような作用。
           また、双方の対称性を見出すのを拒む作用。

5・新たなる負荷 ♠ 
           3番目の『等化 ☘』 と4番目の『中和 ♢』 を、奇数組と偶数組の対立関係の 『対化』 として捉えて、
           さらに、『等化 ☘』することで5番目の、新たなる『負荷』を創り出す。
           5番目が、次のレベルの新たなる1番目を作るシステムを、『ペンターブ・システム』と呼ぶ。
           「5」は、次のレベルの「1」として表れ、再度、「1」→「2」→「3」→「4」→「5」と発展し、循環する。
           「5」は、世界を形作るための無限循環の象徴として、扱うことができる。


  

           【メグッポイド】 エンドレス 【GUMIオリジナル曲】

            頭を休めたい時に聴くと、いい感じの曲です。


投稿: かものメ | 2018年3月20日 (火) 23時36分

「青・緑・赤」は「青・蒼い月・ツキヨミ」「緑・グリーンフラッシュ・緑色の太陽・アマテラス」「赤・マグマのある地球・スサノオ」と対応させるとアタシの場合はしっくり来ます。
また、「定質・火・太陽」「性質・風・月」「反性質・水 反定質・地・地球」と対応させると覚えやすいです。

笠原弘子 翡翠勾玉
https://www.youtube.com/watch?v=WBIBeiN36YQ

曲線美?の柔らかい感じな落ち着く歌です。

投稿: かものメ | 2018年3月26日 (月) 20時08分

イメージ作りは大事ですね。

月とシリウスは緑に対応しますが、実は青という解釈もあります。
ただ、緑に対応する場合は変換人のイメージが強いですね。

以下のbotのキャラはそれぞれに対応させました。
http://tetugakunarehate.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/bot-a7b0.html

「定質・太陽・植物」「性質・月・動物」「反性質・変換人・垂直進化」「反定質・機械・水平進化」という対応がしっくりきてますね。

投稿: Raimu | 2018年3月28日 (水) 20時21分

 4つの基本因子に(重心)という因子をプラス+します。


〇 (円) の中心にある ×マークの図 で(重心)をあらわすことができます。
 
数字でいうと 0(ゼロ)番目 に当たります。

0、(重心 × 中点) あらゆる「1」「2」「3」「4」に対応するもののバランスを取るための中間ポイントです。
             「 あらゆる 変換 における 中点 」 と言うこともできます。このポイントはあらゆるものを     
             (等化) するためにも重要となります。

1、(負荷 ♠ 定質 )

2、(反映 ♡ 性質 )

3、(等化 ☘ 反性質 )

4、(中和 ♢ 反定質 )

0、(重心)→ 1、(負荷)→ 2、(反映)→ 3、(等化)→ 4、(中和)

  (重心) は、 4 の(中和) から、 5 の(新たなる負荷) に入る手前の ゼロポイントになり、   
  (1~4)の中心という言い方もできます。
   
   
   
身体の(重心)は毎日意識をしていますけど、「智」における(重心)というのは、よく分からないです。
ハンドスピナーを回す時などには、物体の重心を探ってみます。


   地球ジャイロ | Chikyu Gyro PV
   https://www.youtube.com/watch?v=GJsTiOluqp0

   面白そうな(コマ)?です。

投稿: かものメ | 2018年4月 6日 (金) 08時35分

>「智」における(重心)

自分みたいな知的生産がメインのプログラマーがヌーソロジーをやればなんとか分かるようなものですかね・・・
そういうのがあるかもしれない程度に思っておいてください。

投稿: Raimu | 2018年4月 7日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/70560031

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」で「魔術・魔法」が絡んでそうな概念について:

« 「数秘術計算プログラム」というのを作りました | トップページ | 新表紙版の「ヌーソロジー基本概要+(プラス)」のフォント変更による問題 »