« 読了と感想。C.G.ユング著「自我と無意識」 | トップページ | ヌーソロジー本の納品完了報告 »

2016年12月10日 (土)

学校で習う数学をカテゴリーで分けてみた図

学校で習う数学を以下のようにカテゴリー分けしてみました。
何気にこれは大学で数学の教職課程を受けていた頃から考えていた図です。

Photo

青はパズルや遊び寄りのカテゴリーといった所で、
赤は実用寄りのカテゴリーといった所。
緑や紫は「オイラーの公式」に繋がってくるものが多いです。

高校で習う数学は、大体は「実用に絡んだ数学」か「オイラーの公式に絡んだ数学」に該当するので、
それを意識して学習をすると、多少は面白みが出るのではないか?と思います。

オイラーの公式ベースで数学を理解するには、
ブルーバックスの「オイラーの公式がわかる 数学の至宝を知る」などが普通に良いです。

|

« 読了と感想。C.G.ユング著「自我と無意識」 | トップページ | ヌーソロジー本の納品完了報告 »

数学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/68784048

この記事へのトラックバック一覧です: 学校で習う数学をカテゴリーで分けてみた図:

« 読了と感想。C.G.ユング著「自我と無意識」 | トップページ | ヌーソロジー本の納品完了報告 »