« 「4次元思想とフラットランド」修正報告 | トップページ | 『4次元思想とフラットランド』、球の式の説明を修正 »

2016年12月16日 (金)

謎の超情報発信少女? もののケのしおりちゃんについて

もののケのしおりちゃん。
ヌーソロジーとかやってる人の間で話題になっている女の子。話題になってきたのは確か今年の8月頃ぐらい。
やたらと色んな知識に精通して、チャネリングのような勢いで情報を発信する天才少女?というか、天才というレベルではない不思議少女?な女の子。
その情報のジャンルは超絶な宇宙論めいた情報に加え、数学や物理などの理系ネタも混じっているため、ヌーソロジーのオコツト情報ともかなり方向性が近い。
しおりちゃんの情報発信の様子は、Vimeoに記録してあるため、そのインパクトも大きい。

先日に行われたヌースアトリウムは、この「もののケのしおり」ちゃんがテーマであったが、それに参加して聞いた感じだと、やはり、しおりちゃんの語る情報は「グノーシス主義」の情報と似ている側面が強いと感じた。

以下の動画は、割としおりちゃん情報の中で基本に近いと思われるものである。

さらに炎が十字架を押し上げるように語ってみる。 from もののケのしおり on Vimeo.

「人間の世界(壊れた十字架)」と「地球(ほんとの十字架)」という2元論、
「アマナ」と「カムナ」の2元論、
「火」と「水」の2元論・・・
それらの2軸が中心となっている側面が強い。
それから、人間の世界が憎たらしいものかのように語られているのも、
グノーシス主義に近い。
(人間に対してネガティブな側面に関しては、正直、心配な所であるが・・・)

ヌーソロジーでは、『人間の反対』という存在がいると言われているが、
しおりちゃんが言う、ほんとの「地球」・・・
もとい、しおりちゃんの語っている世界観は、
その『人間の反対』がいる世界なのではないか?という強度がある。

しおりちゃんは、性格的には、
動物性の食べ物を与えようとすると拒否する、
かなり天然の菜食主義な娘でもあるみたいなので、
その発想はかなりネイティブであり、
例えば、ネイティブ・アメリカンをより純粋にしたような発想なのだと思う。
ヌーソロジーの「オコツト情報」もそうだけど、
しおりちゃんの情報も、扱い方次第では危なっかしい所もあるかもしれない…と思ったりしている。
しかし、その情報と存在の中にはやはり、
「これはっ!」と思うようなものもある。

自分的には、しおりちゃん情報の中で、
宗教チックになりそうな所は少し危なっかしいと見ているけれど、
構造がより明らかになりそうな所は気になっている。
「幾何学」と絡めた宇宙像の話であったり、
「電磁気学」や「原子論」と絡んだ、こころの構造の話であったり・・・
自分が関心があるのはその辺りであり、
人類に何か新しい発想をもたらしてくれる部分に着目している。

そんなしおりちゃん情報であるが、
まだまだ未整理の部分が多いため、
「読むからには理解するつもりで読む。」というスタンスの自分としては、
あまり簡単な気持ちで情報を見ることができない。
そういうわけで、しおりちゃん情報とは慎重に向き合っていきたいと思っている。

以下、しおりちゃん情報の中で、
自分が気になった所(理解できているわけではないが…)を載せておく。

電気と回転を男と女で語ってみる。
https://vimeo.com/120699300

波動とはならず地球での生を語ってみる。
https://vimeo.com/181376228

原子お面表で人生の足跡を語ってみる。
https://vimeo.com/182055911

陽子と中性子の会話を運転席で語ってみる。
https://vimeo.com/131279239

電子軌道を倉庫とお面で語ってみる。
https://vimeo.com/126575712

原始の地球にワープしながら語ってみる。
https://vimeo.com/193685454

それでも地球は生きている、と語ってみる。
https://vimeo.com/195113996

|

« 「4次元思想とフラットランド」修正報告 | トップページ | 『4次元思想とフラットランド』、球の式の説明を修正 »

ヌーソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/68870812

この記事へのトラックバック一覧です: 謎の超情報発信少女? もののケのしおりちゃんについて:

« 「4次元思想とフラットランド」修正報告 | トップページ | 『4次元思想とフラットランド』、球の式の説明を修正 »