« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

「有心論」という曲のMr.Children版

 
Facebookで紹介してた人がいたので知ることになった動画。
「君の名は。」で有名なRADWIMPSが昔歌った『有心論』という曲の
歌詞をミスチルが歌ったやつ。

J-POPをほとんど聴かない自分は、この辺もあまり知らないけれど、
大学時代にそういえば後輩がドライブの時に流してたから聴き覚えがあるなぁ…と、
調べてみたらRADWIMPSだったことが分かった。

RADWIMPSの歌ったやつが公式MVであるけれど、
ミスチルが歌ったやつはまた聞き安くて良い!
ライブ感がこっちにまで伝わる良い動画。
原作では分からなかった歌詞の意味が、
こっちでは何となく分かるようなクオリティとなっている気がする。

それでは皆さんよいお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

『4次元思想とフラットランド』の「あとがき」を書きました

『4次元思想とフラットランド』あとがき:
http://spot23tm.com/other/4dimention-flat_atogaki.html

 
自分の出したKindle本『4次元思想とフラットランド』の「あとがき」を書きました。
普通、本書内に書くものでは?という気もしますが、このような形でネットに載せることにしました。
このあとがきは本書を読んだ後に読むのが普通ですが、読む前に読んでも良いです。
だいぶユルい感じの内容となってますが、そういうものとしてお読みください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

『4次元思想とフラットランド』の表紙を少し変更

4zigen_title__2

『4次元思想とフラットランド』の表紙を少し変えることにしました。(文字の所)
中身の品質に関わる所ではないですが、こちらでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

「カバラの入門書はどれが良いか?」という問題について

ある日、『西洋魔術シンポジウム』なる
魔術関連のイベントに参加していました。
その中で「カバラの入門書はどれが良いか?」という質問がありました。
この問題は、結構、ベテランの人に向けてそれが問われたにも関わらず、
あまりしっくり来る答えがはっきり返ってこない問題でした。
(オススメ本は英語の本だったりするし・・・)

続きを読む "「カバラの入門書はどれが良いか?」という問題について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

『4次元思想とフラットランド』、球の式の説明を修正

現在、リリース中の『4次元思想とフラットランド』ですが、
また、ミスを発見したので報告します。

続きを読む "『4次元思想とフラットランド』、球の式の説明を修正"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

謎の超情報発信少女? もののケのしおりちゃんについて

もののケのしおりちゃん。
ヌーソロジーとかやってる人の間で話題になっている女の子。話題になってきたのは確か今年の8月頃ぐらい。
やたらと色んな知識に精通して、チャネリングのような勢いで情報を発信する天才少女?というか、天才というレベルではない不思議少女?な女の子。
その情報のジャンルは超絶な宇宙論めいた情報に加え、数学や物理などの理系ネタも混じっているため、ヌーソロジーのオコツト情報ともかなり方向性が近い。
しおりちゃんの情報発信の様子は、Vimeoに記録してあるため、そのインパクトも大きい。

先日に行われたヌースアトリウムは、この「もののケのしおり」ちゃんがテーマであったが、それに参加して聞いた感じだと、やはり、しおりちゃんの語る情報は「グノーシス主義」の情報と似ている側面が強いと感じた。

以下の動画は、割としおりちゃん情報の中で基本に近いと思われるものである。

さらに炎が十字架を押し上げるように語ってみる。 from もののケのしおり on Vimeo.

続きを読む "謎の超情報発信少女? もののケのしおりちゃんについて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

「4次元思想とフラットランド」修正報告

現在、リリース中の『4次元思想とフラットランド』ですが、
一点、ミスが指摘されましたので報告します。

続きを読む "「4次元思想とフラットランド」修正報告"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火)

ヌーソロジー本の納品完了報告

「12月中に出す」と言ったヌーソロジー関連の本の2冊目ですが、
「物質の究極と人間の意識」みたいに、
デザインエッグ社のオンデマンド出版として出す予定で、
データ納品の完了までできたことを報告します。
ただ、審査や手続きに2週間以上かかるらしく、
販売予定日が1月2日となっています。
従って、年内に出すことは適いませんでしたが、
順調に出ることにはなると思います。
(ほぼ同時にKindle版も出すつもりでいます。)

内容は『ヌーソロジー基本概要+(プラス)』というもの。
「Raimuのヌーソロジー入門」の「ヌーソロジー基本概要」を中心に、
より読みやすくしたヌーソロジー学習用ハンドブックを仕上げました。
その他、エッセイのようなものとして、
「変換人生活のためのヒント」というテキストを書き下ろしで追加していたり、
押さえておくべき「ヌーソロジー用語一覧」なども載せてあります。

あと、今回、その内容を半田広宣さんに見てもらって作ったので、
「半田広宣監修」ということで出しています。
従って、「こんなの全然ヌーソロジーじゃないよ」
ということが無いのはいわずもがなですが、
細かい所なども、最新のコウセンさんのヌーソロジーと相違が無いように作られているので、
ヌーソロジー本として安心の仕上がりになっています。

ページ数的にはコンパクトな作りになっているものの、
内容的にはけっこう濃いヌーソロジー本が出てくる予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

学校で習う数学をカテゴリーで分けてみた図

学校で習う数学を以下のようにカテゴリー分けしてみました。
何気にこれは大学で数学の教職課程を受けていた頃から考えていた図です。

Photo

青はパズルや遊び寄りのカテゴリーといった所で、
赤は実用寄りのカテゴリーといった所。
緑や紫は「オイラーの公式」に繋がってくるものが多いです。

続きを読む "学校で習う数学をカテゴリーで分けてみた図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

読了と感想。C.G.ユング著「自我と無意識」

心理学者C.G.ユングの書いた本『自我と無意識』。
ユングの原書ということで、ユング心理学を学ぶにおいて確実であり、
この本は「アニマ」「アニムス」「ペルソナ」「自己」「集合無意識」といった主要概念を押さえることができる。文庫本サイズの本で丁度良い。
ユングにしては分かりやすくコンパクトにまとまっている本だが、そこまで読みやすいかというとそうでもなく、やはり難しい概念の説明が多い。

続きを読む "読了と感想。C.G.ユング著「自我と無意識」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

【電子書籍】「4次元思想とフラットランド」

『4次元思想とフラットランド』(Kindle本)

4zigen_title_

我々の住んでいる世界は「3次元空間」。
もし、「4次元空間」が存在した場合、それはどのような世界なのか?
「異世界」へのアプローチを試みる。

前半の章は、E.A.アボットの著作「フラットランド 多次元の冒険」がテーマ。
2次元図形の住人が住む世界「フラットランド」から、
キリスト教の世界観などを絡めて、
「4次元」に対してアプローチする。

後半の章は、21世紀の宇宙論「ヌーソロジー」がテーマ。
「4次元をどうすれば認識できるのか?」について、
アインシュタインの特殊相対性理論、ベルクソンの純粋持続、
仏教の止観瞑想、ユング心理学の自己(セルフ)などを絡めてアプローチする。

抽象的な「見えない世界」を、幾何学的な枠組みを使って、構造的に解き明かす。

===目次===

■4次元空間に関する一般見解
・4つめの軸
・観察の法則
・切断の法則
・4次元立方体とその展開図
・4次元はどこにあるのか?

続きを読む "【電子書籍】「4次元思想とフラットランド」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »