« 「Raimuのヌーソロジー入門」を更新しました | トップページ | ヌーソロジーたん更新報告 »

2016年9月17日 (土)

養老孟司「虫から人間社会を考える」に参加してきました

養老 孟司「虫から人間社会を考える」:
https://www.facebook.com/events/1130692880338095/


養老孟司さんメインの講演イベント、
「虫から人間社会を考える」の話を聞いてきました。

やっぱり、養老孟司さんは面白いですね。
というかちょくちょく脱線して笑いを取る人というか、
姿勢は適当だけどちゃんと成り立ってる人というか、

テーマが「虫から人間社会を考える」になってますが、
虫の話というより「意識」の話が多かったです。
現代人にとって現実とは意識で捉えた現実であるとか、
意識は全ての学問の基盤であるため
アメリカとかでも意識が真剣に研究されることはないとか、
あとは、意識は何かと何かを「同じ」として捉える性質を持つとか。
この辺は哲学で「同一性」と呼ばれてる問題と通じてますね。
そして、「差異」を見出すものは、身体による「感覚」であるとか。
ネコやチンパンジーは、「同じ」と認識する能力が無い、
だから決して、貨幣や方程式を理解することが無い、とか。

こうした「意識」で現実を捉えてしまうことで、
現代人はとにかく「わけの分からないもの」を抑圧してしまう。
都会に虫が減ったのはそれが原因であり、
都会に土が減ったのもそれが原因、
都会に緑が減ってるのもそれが原因で、
さらには、子供が減ってるのはそれが原因、
子供という「わけの分からないもの」を避けるようになった。
こうした感性を育むために、
虫と触れ合うことを推奨してる、など
そんな内容です。

養老孟司さんは、
割と楽観的に捉えていて、
経済低下や少子化がしばらく進んでいって、
どこかで落ち着いていって、
ようやく、自然を感じる方向に向かうのではないかと、
そんなことを言っていたような。

やっぱり、博識で斬新な人は頼りになるなぁ、
と感じて面白かったです。

|

« 「Raimuのヌーソロジー入門」を更新しました | トップページ | ヌーソロジーたん更新報告 »

為になるの色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/67540140

この記事へのトラックバック一覧です: 養老孟司「虫から人間社会を考える」に参加してきました:

« 「Raimuのヌーソロジー入門」を更新しました | トップページ | ヌーソロジーたん更新報告 »