« 『四次元空間=三次元+時間と言う誤解』という記事 | トップページ | 天才バカボン一家脳内図 »

2013年7月27日 (土)

『定質』・『性質』・『反性質』・『反定質』と、4元素対応について

ヌーソロジー用語の『定質』『性質』『反性質』『反定質』と
魔術における「火」「水」「風」「土」との対応関係ですが、
OCOT情報によると、以下のように対応しているそうです。

『定質』≒「火」、『性質』≒「風」、『反性質』≒「水」、『反定質』≒「土」

しかし、これはどうも、簡単にはしっくりきません。

ここで、OCOTの世界(先天的な構造の世界)と、人間の世界においては、どうも反対の力が働いているのではないか?という視点で見てみます。

(先天の火)『定質』⇒『反定質』(人間の火)
(先天の水)『反性質』⇒『性質』(人間の水)
(先天の風)『性質』⇒『反性質』(人間の風)
(先天の土)『反定質』⇒『定質』(人間の土)

これでしっくり来るようになります。
 
ちなみに、『定質』『性質』『反性質』『反定質』はそれぞれ… 

定質:負荷
性質:反映
反性質:等化
反定質:中和

に対応してます。

|

« 『四次元空間=三次元+時間と言う誤解』という記事 | トップページ | 天才バカボン一家脳内図 »

ヌーソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/52624947

この記事へのトラックバック一覧です: 『定質』・『性質』・『反性質』・『反定質』と、4元素対応について:

« 『四次元空間=三次元+時間と言う誤解』という記事 | トップページ | 天才バカボン一家脳内図 »