« ラカンの精神分析とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ | トップページ | ヌーソロジーのテキスト書きました。「ψ3とψ4の対化のおさらい」 »

2013年4月19日 (金)

立方体に垂直に立てた軸

ヌーソロジーの入門あたりのおさらいのテキストを少し書いておきます。

ヌーソロジーを学ぶにおいて、よく読みこむべき所は、
「人類が神を見る日 ~Advanced Edition~」のp341から書いてある、「トランスフォーマー型ゲシュタルト・ベーシックプログラム」であり、
ヌーソロジーは、ここで書かれているような、「モノの見方の構造」が大事であり、
次元観察子ψ3・ψ4から始まる概念を、自分も持っている「意識の構造である」ということを、
認識していくことが大事だと思います。

そして、ここで必要なのは、まず、『人間の外面』と『人間の内面』を理解することにあります。
それぞれ、「反転した空間」と、「通常の空間」に、それがあるとされてます。
『人間の外面』が分かれば、次元観察子ψ3、『人間の内面』が分かれば、次元観察子ψ4が分かったも同然になります。

その為には、まず、この物質空間から、『人間の外面』と呼ばれるものを発見することからスタートします。
それは、3次元空間ではなく、4次元空間にあるとされてます。従って、『人間の外面』を発見するには、4次元空間を発見するという、「4次元認識」を強めることが必要になります。
 

「4次元認識を強める。」ために必要な、4次元空間を発見するための重要なメソッドの一つとして、「立方体に垂直な軸を立てる。」という方法が上げられます。

これは、半田さんが紹介していたやり方で、半田さん自信がそのやり方を探していて、そして、とある雑誌でとうとう見つけたやり方です。

その雑誌に載っていたとされてるやり方は、以下の通りです。

4zigennzu
「4次元をイメージするための一つの例を挙げましょう。上に立方体が描かれています。この立方体は、今、平面世界に落とし込まれているわけですから、この平面自体を一応3次元世界と考えてみることにします。
ここで立方体の一つの頂点に×印をつけます。この×印のところに鉛筆を一本立ててみてください。どうですか・・・・・・その鉛筆は立方体が存在している平面世界に対して直行していますね。
ここでの平面自体は3次元空間を意味しているわけですから、この鉛筆を立てた方向に4次元が存在することになります・・・・・・。」

 
図において指定された場所に、垂直方向にある鉛筆、もとい、垂直方向にある「軸」を立てます。

そして、ヌーソロジーにおいては、この垂直な「軸」を、「自分の見てる物の対象へ、正面の真っ直ぐ前の方向」、つまり、自分の視野空間を平面と見立てた場合、そこで見てる対象から「垂直」にあたる方向と、一致させます。

4sui1

自分、対象、正面前 
  

4sui2

自分、先ほどの図を正面から見る

「図の立方体」が自分の真正面にある状態の時に、「軸」が、自分の見てる正面、その真っ直ぐの前の方向になるように、行います。

こうすることにより、「4次元目の軸」というのが出来上がり、そのまま、4次元空間を発見するための糸口が掴めるようになります。

この「4次元目の軸」を、上手く発見できた時、その状態で、「自分より前」側が、『人間の外面』で、そこから「自分より後ろ」側が、『人間の内面』になります。
つまり、「4次元目の軸」を正しく発見さえできれば、『人間の外面』と『人間の内面』の発見も可能になるのです。

ここで、大事なのは、「4次元目の軸」を正しく作ること、もとい、「立方体に対して、完全な垂直の軸を立てるのは難しい。」ということです。

このメソッドを実際にやってみて、「!」か「♪」か、「上手くいった!」な感覚が起これば、成功なわけですが、実は「本当に垂直な軸」を立てるのは、なんというか、少々繊細な感覚が必要になります。

「本当に垂直な軸」というのは、立てようとするとすぐブレるものでもあり、また、上手くいってもすぐブレでしまうような、繊細な性質があります。

この感覚というのは、4次元認識においても、今後の高次元認識においても重要で、得てして、こうした高次元の世界をイメージし、そして維持するのは、少々、簡単ではなく、こうした世界は、「イメージが難しい」と言われています。

「反転した空間」を作るためには、「人類が神を見る日 ~Advanced Edition~」のp370に紹介してある、「通常の空間をローレンツ収縮で縮めていき、そのまま点の状態にして、さらにその点の内部に入り込むように 空間を裏返すイメージを作る」という方法もありますが、
これにおいても同様に、実践に当たっては、脳に微妙な負荷がかかると思います。

 しかし、この繊細な感覚そのものが重要であり、これが高次元の空間概念を、意識に取り入れていく際に、カギとなります。
 4次元をイメージする為に、「4次元目の軸となる垂直な軸」を作る時のこの微妙な感覚というのは、今後、必要な感覚となるので、強く覚えておくべき所になります。

また、一回やってみて、駄目であっても、また挑戦してみることや、また、慣れるようにトレーニングするという考え方も大事です。

4次元認識は、心の認識であるので、心のコンディションや、脳や身体のコンディションによって作用されることもあります。
気が向いた時にやってみるなど、良いかもしれません。

それから、本気でこうした4次元の空間というのを強く持ちたいという場合は、「トレーニング」という考え方も必要だと思います。これは、恐らく「集中力」のトレーニングにもなる所です。
他の「4次元認識」のための方法と、併用して行い、「4次元認識」を強化していくと、今後の学習において役に立つ所です。

|

« ラカンの精神分析とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ | トップページ | ヌーソロジーのテキスト書きました。「ψ3とψ4の対化のおさらい」 »

ヌーソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/51298429

この記事へのトラックバック一覧です: 立方体に垂直に立てた軸:

« ラカンの精神分析とヌーソロジー用語のすり合わせまとめ | トップページ | ヌーソロジーのテキスト書きました。「ψ3とψ4の対化のおさらい」 »