« パス学習用のカバラ図 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンQを観ました »

2012年11月24日 (土)

「大日本サムライガール」ってラノベが面白いです

A8ylagtceaazn5qjpg_large

「大日本サムライガール」ってライトノベルが面白いです。

「主人公は極右翼の少女」っていう話題性のある小説ですが、
日本の奥深い所から、現代の薄汚い所までを、広く扱ってる面白いストーリーです。

以下、自分が興味持つきっかけになった記事と、その注目の所です。
http://biz-journal.jp/2012/11/post_966.html
 

「主人公は、政治の頂点を目指す右翼かつタレントの女子高生」
「著者は現役の企業経営者」
「芸能界をはじめとする現実のビジネスや社会に関する内実について、
リアルな描画」
 
こうした特徴を持った、ある異色のライトノベルが売れている。

 
(以下、作者インタビュー)

私は大学在学中に会社を創業し、一貫して経営者としてキャリアを積んできました。そして数年前、誰に頼まれたわけでもなく、当初はなんとなくビジネス書を書いてみようと思い立ちました。書き進めるうちに、「これはフィクション仕立てにしたほうが面白いのでは」と思い、小説の形式で書き、09年に講談社BOX新人賞へ応募したところ、大賞を取ってしまったというのが実際のところです。

「政治的な街頭演説をしているのが、もし16歳の女子高校生だったら面白いのではないか?」という思いつきがきっかけで、それほど深く考えたわけではありません。右翼に対して特別に興味を持っていたわけではなくて、ヒロインのキャラクターとしてもってくるのであれば、ベストな組み合わせではないかと思いました。

この作品の大目標は、1巻から語られているように、日毬がいかに日本政治の頂点に君臨し、日本を変えていくのかという点です。この大目標に到達するのは当然極めてハードルが高いわけですが、そこに至るまでの試行錯誤を通して、「日本のすべて」を盛り込みたいと考えています。これ、冗談ではなくて。

読んでみたら、会社経営の空き時間で、自己流のやり方で書いたとは思えないぐらい、読みやすくて面白い文章です。
展開も面白く、読んでて勉強にもなるので、オススメです。

|

« パス学習用のカバラ図 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンQを観ました »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/47960960

この記事へのトラックバック一覧です: 「大日本サムライガール」ってラノベが面白いです:

« パス学習用のカバラ図 | トップページ | ヱヴァンゲリヲンQを観ました »