« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月21日 (日)

Nexus7買いました

20121020_130305
※画像はカバー付きのものです。

 
Nexus7を買いました。
Googleが出した、7インチサイズ(GalaxyTabと同じ)Androidタブレットです。
約2万円ぼっちで変えて、凄い高性能と評判の様子です。

スペック、機能とかは、調べれば分かるとして…
使ってみた印象としても、凄いサクサク動いて良い感じです。
デザインもシンプルで無駄が無くてなかなかお気に入り、
ボタン構成なども良好、
重さもそこまで気にならない程度で、
この値段にしては、かなり満足の使い心地です。

サイズ的には、電子書籍に丁度良いです。
ネットサーフィンなどは、スマホと比べて格段にし易く、
Youtubeなどでの動画もなかなかいけます。
7インチサイズは、「電子書籍」「動画鑑賞」「ネット観覧」などにて、
高い用途を発揮する所です。
電子媒体の資料なんかは、恐らくPCよりもこっちのが見やすいです。

それでいて、7インチは軽くて親しみやすいので使いやすいです。
本を持ち歩く感覚で持ち歩くことができます。

自分は、iPadも、GalaxyTabも買うのを見送ってましたが、
これは買っといて良かったです。
Buffaloの約2500円のWifiルーターを、ネット接続に導入したら、
問題なく、家内でのネットが使えるようになりました。
そういうわけで、快適にネットは使えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

「俺の彼女がニーチェだなんて」というブログ小説

なんかネットしてたら面白い物見つけました。

いかにもライトノベルな内容で、
いかにもな哲学が語られてる小説です。
 

『俺の彼女がニーチェだなんて』 プロローグ「運命の始動」:
http://hallucinyan.hatenablog.com/entry/2012/10/09/183752

 
ブログの記事として書かれてるだけです。
まだあんまり話数がありませんが、続きが気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

Twitterでkohsenさんから返信が来た件について

Twitterにて、太陰暦とヌーソロジーの関連について、何気なくつぶやきました。
 

Raimu  @raimu_63lm
世界的に便利な太陽暦は『反定質』。生体のリズムを活性化させる太陰暦は『反性質』に対応してるんじゃないかと、少しヌーソロジー的考察。 #noosology

 
そしたらなんと、半田広宣さん本人から返信が…
 

半田広宣  @kohsen
@raimu_63lm こんにちは、raimuさん。その通りだと思います。地球の自転と月の公転は円心で考えると方向が逆ですね。

 
というわけで、[太陽暦≒反定質]と[太陰暦≒反性質]は、対応関係にあることが、公認になりました。
太陽暦と太陰暦は、それぞれ反定質と反性質のイメージ作りに使えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

各月相の意味の一覧

各月相の意味の一覧です。
書籍、「月の魔法」などを参考にしました。

旧暦の日付に1を引くと、月齢になります。
月齢と月相と関係は、季節によって変わったりします。
詳しくはこちらのサイトを参照。
 


<大まかな全体の意味>
・新月から次の満月までの期間は、
 新しいことを始めて、発展させていくのに適した時期。
 「浄化」⇒「吸収」⇒「満悦」のフェーズにあたる。
・満月から次の新月までの期間は、
 物事を収めて、終結させていくのに適した時期。
 「満悦」⇒「排出」⇒「浄化」のフェーズにあたる。

新月:(月齢、約0.0日付近)
・原始的な創造のエネルギーが高まる時
・「浄化」フェーズのピーク状態
・「無⇒有」のエネルギーが高まる時
・最も純粋な状態
・最も新しいアイディアが浮かびやすい状態
・人間の自我の力が最も弱まる状態

新月~上弦の月:(月齢、約0.0~7.5日)
・何か新しい物事を始めてみたり、計画してみたりすると良い時
・物事、計画をどんどん発展させていくべき時期

上弦の月:(月齢、約7.5日付近)
・発展のための運気がどんどん上がっていく時
・「吸収」フェーズの中間地点
・浄化状態からの「吸収」の力が強まってる状態
・発展に必要な良いものが見つかるかもしれない
・ガンガン動くことに適した時期

上弦の月~満月:(月齢、約7.5~14日)
・仕上がりのピークに向かっている時
・発展の完成度を、どんどん上げていくべき時期

満月:(月齢、約14日付近)
・妙に気持ちが高ぶる時。「狂気を引き起こす相」とも呼ばれる
・人間の自我の力が最も強まる状態
・「満悦」フェーズのピーク状態
・「有⇒無」へ以降する直前の状態であり、
 「有」の力が最も高ぶる時
・ここから高ぶりがだんだん下がっていく

満月~下弦の月:(月齢、約14~22.5日)
・ちょっと方向転換して、保守的になるべき時
・これまでを省みることを、少しはした方が良い時
・軌道に乗っているものは、そのまま順調に稼動させていくべき

下弦の月:(月齢、約22.5日付近)
・下手に動かず、小休止することに適した時
・「排出」フェーズの中間地点
・吸収したものの中で、無駄なものの「排出」の作用が強まっている時
・自己分析してみると、良いことに気付くかもしれない
・下手に動くと、障害にぶつかるかもしれない

下弦の月~新月:(月齢、約22.5~29.5日)
・これまでをよく省みるべき時期
・次の発展のための準備や、知識の蓄えなどをした方が良い時期


 
月の周期を元にして作られたカレンダーとして、
『太陰暦(旧暦)』というものがあります。
太陽暦は、太陽の周期を元にしていて作られているのに対し、
太陰暦は月の周期を元にしていて作られています。
つまり、月のリズムで生きる=太陰暦で生きるということになります。

太陰暦を使って生きることの意義というものがあるみたいです。

太陽暦は、世界中で使われていて便利なのに対して、
太陰暦は、生体のリズムを活性化することなどに適しているみたいです。

月のリズムで生活することで、色々な効能があるみたいなんで、興味があったら、月のリズムを少し意識してみるのも良いかもしれません。
個人的には、「現在の月相の力を少し意識してみる」ぐらいが良いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

4次元目の空間を発見するための図

Photo
ヌーソロジーにおいて、
4次元空間を認識するために、4次元目の軸を発見する方法として、
「立方体の頂点に、斜めから垂直な軸を立てる」という方法がありますが、
それ専用の図で、自作のものを作りました。
使用ソフトはInkscapeです。

続きを読む "4次元目の空間を発見するための図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »