« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

「超時間脳で人生を10倍にする」の重要な所メモ

「本の重要な所を抜き出してみたメモ」です。

今回は、『超「時間脳」で人生を10倍にする』(著:苫米地英人)より、
実生活に活かせそうなことを、メモしておきました。
 

かなり、ざっくりとまとめてます。
大分、省いているので、原書もよろしくお願いします。

続きを読む "「超時間脳で人生を10倍にする」の重要な所メモ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

『差異』の意味について

『差異』の意味が分からないなぁ、と、前々から思っていて、
広宣さんの説明では、まだまだ解かり切れない所があったので…

いっそ、自分の言葉で解釈することにして、
『同一性』と合わせてまとめてみました。

続きを読む "『差異』の意味について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

OCOTにとっての「5」の数字について

ヌーソロジーで、「シリウス革命」を、復習してたら、非常に気になった所を見つけたので、そのまま抜粋です。
 

続きを読む "OCOTにとっての「5」の数字について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

シュタイナー「健康と食事」まとめ

シュタイナーの「健康と食事」の本で、
自分が気になった所だけ抜粋してみました。

原書のがより詳しく書かれてるんで、
あくまで参考程度にご利用ください。
 


<食について色々>
・精神科学が食べものの研究に重きを置いているのは、
 その研究をとおして人間と自然の関係を見通すことができるからである。
・食事をするということは、刺激を与えるということである。
・わたしたちは、上方にあるものから、身体を構築している。
・調理することによって、体は食べ物を用意に消化できる。
・どれくらいの量を食べるべきかは、人間は本能的に知っている。
・食べる量が少ない方が、毒にならないので、よく栄養が摂れるということがしばしばある。
・人間は脳をとおして星空に属している。心臓をとおして太陽に属している。
 そして、消化器官をとおして地球存在と結びついている。

<菜食と肉食>
・菜食にすると、脂肪を外から推積させるのではなく、自分自身の脂肪を作ることになるので、壮健になる。
・肉食と菜食については、客観的に考察する必要がある。
・宇宙的な意味から、三種の食べ物を比較できる。植物、動物、乳製品である。
・ミルクは地球上にのみ存在し、太陽系のほかの惑星には存在しない。
 ほかの惑星上のミルクとは、地球上のとはまったく異なっている。
・植物は、ほかの惑星上の植物的存在とも通じている。
・肉は、特別地上的な領域から取ってきたものである。
・肉食をすると、人間に束縛され、地上の被造物となる。
・ミルクを飲んでいると、自分が進化するための通過場所として地球に属していると人間は感じる。
・菜食にすると、人間を宇宙に結びつける力が刺激される。
・菜食は、植物の中で多くの働きをする太陽の光を、人体は摂取する。
・肉食をすると、菜食をするより物質体は重荷を負わなければならない。
・狂信的な菜食主義は、地上からの離脱に対する愛が生じ、地上の人間的なものとの結びつきを失いやすくなる。
・月、宇宙の力は、動物性蛋白質の構成に働きかける。
・蛋白質は間接的に宇宙と関連している。
・菜食主義者は精神生活におもむかなければならない。そうしないなら、肉食にとどまるべきである。
・アントロポゾフィー的な生活をとおして、肉食に対する嫌気と嫌悪感を生じるようになるのが、一番いい。
 それ以外の方法で、肉食をやめるのは、あまり価値のあることではない。

<蛋白質・脂肪・炭水化物・塩>
・炭水化物は、人間の外姿を形成する働きをする。
・脂肪は、炭水化物の作る設計図の中に、実質を入れる。
・蛋白質は、根源的なものの基盤になる。
・塩は脳にいたり、思考を、特に前脳に働きかける。
・肉体は主に蛋白質によって発生し、人間の誕生と死に関係している。
・エーテル体は、おもに脂肪と関係している。
・アストラル体は、おもに炭水化物と関係している。
・自我はおもに塩と関係している。

<その他、食べ物特徴>
・ジャガイモを食べると、精神が唯物論的になる。
・ダイコンやアカカブを食べると、思考が刺激される。
・ニンジンを食べると、頭の上部が強められる。
・根は頭を強くする。
・葉は、とくに肺と心臓に働きかける。
・穀物を食べると、とくに肺と心臓が強くなる。
・砂糖を摂取することによって、無垢な利己性が創造される。
 人々が個性を表している国は、砂糖の消費量が多い。
・コーヒーを飲むことによって、論理的な首尾一貫性を、物質的に要求される。
・紅茶を飲むことによって、非論理的な空想が刺激される。
・ココアは世俗性を要求する。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

自作のカバラ図

Photo

自作のカバラ図ができました。
使用ソフトはInkscapeを使っています。

少々、ヌーソロジーとかの観点から、アレンジしてる所がありますが、
なかなか良い仕上がりになりました。
 

~横長版~
Photo_3
 
~携帯用サイズ~
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

スティーブ・ジョブス 伝説のスピーチ

今は亡き、Appleの創始者、
iPhoneの作者とも言える、
スティーブ・ジョブズのスピーチです。

この人は、禅もやっていただけあって、なかなか只者じゃないです・・・・
言ってることは、成功法則にも近いですね。
 


 

 
2/2の台詞を抜粋。


「あなたの時間は限られています。
無駄に他人の人生を生きないこと。

ドグマに囚われないでください。
それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。

他人の雑音で、心の声が掻き消されないようにしてください。

そして最も大事なのは、自分の直感に従う勇気を持つことです。

直感とは、あなたの本当に求めることを分かっているものです。
それ以外は二の次です。」

 
ヌーソロジー的には、次元観察子ψ5、
『自己』の考え方を身につけることに関係がありそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

シュタイナーの「目覚め」と「眠り」の瞑想文

自分の気に入っている、瞑想文の紹介です。

ルドルフ・シュタイナー『瞑想と祈りの言葉』(p51)より引用、
「目覚め」と「眠り」に時に唱えると良いとされる瞑想文です。
 

<目覚め>
宇宙の精神の輪のなかに
人間の空間形姿が立つ。
宇宙の魂の国のなかに
人間の生命力が躍動する。

<眠り>
魂の自由の輪のなかに
人間の衝動の力がやすらぐ。
精神の太陽の国のなかで
人間の思考の力が創造する。

 
なんとなく、ヌーソロジー的に見てみたら、
<目覚め文>が『性質』。<眠り文>が『定質』に、
対応しているような気がします。

人間の形姿と生命力の誕生っていうと『性質』で、
太陽の国と思考の力っていうと『定質』に関係ありです。

『定質』と『性質』のイメージ形成に、
こういうのを使うっていうのも、ありなような気がしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

桜井政博さんの講演、「あなたはなぜゲームを作るのか」

僕が昔から親しんでて、
業界で活動してるゲームクリエイターの中で、一番好きな人の講演が載ってるリンクを張っておきます。
(星のカービィ、大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの作者です。)
 

桜井政博の講演「あなたはなぜゲームを作るのか」 - GIGAZINE:
http://gigazine.net/news/20120821-sakurai-cedec/

 
以下、自分が重要だと思う所をピックアップです。
 

・86年は15歳のときで、進路を考えるようになり、当時おぼろげに感じていたことであり、今ではハッキリとしている重要なことがあるのでお話ししたいと思います。

・「人は人の仕事によって生かされている」、逆に言えば「人は人の仕事でしか生きることができない」ということです。たとえば、コンビニ弁当1つにどれだけの技術や工夫をしているかをスタッフロールにして表したら、数百人、数千人がスタッフロールに並ぶかもしれません。今日は車でやって来ましたが、車の部品・高速道路・ETCシステムなど、人の仕事がなければ、できないことです。私たちはものすごい恩恵を受けているということです。人の仕事によってのみ生活は成り立っていると考えていいと私は思っています。

・つまり、「その道のスペシャリストが世界を築いている」ということです。そして何かに特化した方がいいと考えています。専門家が特化することで人の生活が快適になると思っています。人が作ったこれだけのものに囲まれている世の中に、不満を多く持っているということは損なことです。多くの人がモノを生み出す今の状況であれば平均的になるのは当たり前で、その中で特化していくことが重要なことだと思っています。

・私はパズルゲームはとても苦手です。でもゲームは作れます。なぜかというと、リスク&リターンという最も重要視している理論を使っているからです。

・「ゲーム性」とは、かけひき、リスクとリターンだと考えています。

・シューティングゲームの場合、敵と砲台の距離が離れていればノーリスク・ノーリターン。近づけばリスクは増えますが、リターンが得られます。つまり、ゲームの本質は、リスクを冒してリターンを得ることです。

・ゲームを作る上で、私は私が好んで遊ぶようなゲームを作っていません。必要だと思うものを制作する、ということが重要だと思います。

・また、人が対価を払ってまで欲しいと思えるものを作り、その対価を得られるだけで、十分に社会貢献になっています。

・ゲーム制作者は人が欲しいもの、楽しいと思うモノを追求して行くべきだと思います。

・時代と得意を考えて自らの役割を磨くこと、これがいつの時代にも求められています。自分が好きで選んだ道で皆さん頑張って下さい。多くの人が築いたこの社会で、自分の力が出せるのはどこなのかを考えるきっかけになればと思います。

 
ゲームにおける、「リスクとリターン」についての話は、桜井さんがあちこちでよく話してることだったりします。

自分はゲーム業界に対しては、最近はあんまり良い印象は持ってなかったりするんですが、
こういうしっかりした考え方の人がいてくれると安心します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

シュタイナー、喉のチャクラ開発のための8つの言葉

ルドルフ・シュタイナーの「瞑想と祈りの言葉」に書いてある、
喉のチャクラを開発するといわれる、8つのメッセージです。

思考的で思慮深い人のためのバイブルになりそうです。
無意識から思考を引き出すためにも必要な気がします。
 

一、思考に注意を払い、意味のあることのみを考える。自分の思考のなかで本質的なものと非本質的なもの、真理とたんなる意見とを区別する。人の話を聞くときには、思考と感情のなかで賛美と批判を断つ。

二、どのようなことでも根拠のある熟慮を経た上で決定する。思慮を欠いた行為、意味のない行為を避ける。共感と反感から独立した判断をおこなう。

三、意味のあることのみを話す。言葉のひとつひとつを思慮深くあらゆる角度から熟慮する。人の話を静かに傾聴する。

四、人を妨げることなく、いかにすれば全体の幸福、および永遠に適した行為をなしうるかを入念に考える。自分の行為が及ぼす作用をまえもって徹底的に考える。

五、自然と精神に適った生活を送り、外面的な祭事にとらわれず、不安やあわただしさをもたらすものを避ける。軽率なことをおこなわず、不精にならず、人生を高い目的にいたるための手段と見なして行為する。

六、自分の力でできることをなおざりにしない。日常と無常なものの彼方を見て、人間の最高の義務を自分の理想とする。

七、人生から可能なかぎり多くを学び、なにごとからも有益な経験を得るようにする。かつての体験を振り返って決意、実行する。

八、一定の時間に自分の内面を静観し、自己のなかに沈潜する。自己と語り合い、人生の原則を確認し、認識を思考のなかに通過させ、自分の義務を考え、人生の内容と目標を熟考し、本質的で不滅のものを見出し、それにふさわしい目標を立て、最高の目標に向かって努力する。

 
仏教における、『八正道』と対応してるみたいです。
( 一 ⇒ 正見 , 二 ⇒ 正思惟 , 三 ⇒ 正語 , ⇒ 正業 , ⇒ 正命 , ⇒ 正精進 , 七 ⇒ 正念 , 八 ⇒ 正定 )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »