« 息抜き。 | トップページ | ψ1~ψ6、一望図 »

2012年8月18日 (土)

『ヌーソロジー』とは何か?ちょっと軽く説明してみる。

ヌーソロジーとは何か?ここで、『ヌーソロジー』というものについて、軽く説明したいと思います。

ヌーソロジーとは、半田広宣さんという人が提唱してる独自の宇宙論で、半田さんのツイッター上での説明では、「ヌーソロジーとは、物質と精神の関係を空間という視点から接合しようとする具体的なイデア論です。」と言われています。また、人間の意識と素粒子の構造との相関関係なども、探求分野としてありますが、その元となるのは、チャネリングソース『OCOT』(オコツト)という存在から得たものです。
チャネリングといっても、いろいろですが、半田さんの場合は、以下のような感じです。

1989年のある日、半田広宣さんが、自身の物理学の研究に没頭していた頃、自分の意識の中に、自分とは異なる精神体が、シュルンシュルンと頭の中に入ってきました(寝ようとした時)。そして、その精神体は、自らを「OCOT」と名乗り、情報の提供と会話を初めてきたので、半田さんはそれを受けとらずにはいられない状況になりました。
(こちら、もう少し詳しい内容を「Raimuのヌーソロジー入門」に書きました。)

元々、物理学者気質、アンチ宗教家気質な半田さんは、初めは、幻覚か、統合失調症にでもかかったのかと疑いつつ、半信半疑でその「OCOT」というものと向き合いましたが、次第に、その「OCOT」の提供してくる情報が、人間の精神を幾何学的な構造で解明し、森羅万象・この世のあらゆる物理現象の仕組みを、人間の意識進化のためのシステムとして捉えて、近代の科学と古来の神秘思想とを統合する可能性を秘めているような、とてつもない情報であるということが分かり、その情報を「シリウスファイル」というものにまとめることにしました。

そうして、「シリウスファイル」をまとめて出来た理論が、『ヌース理論』と名付けられ、それが現在、ヌースを探求する試みである、『ヌーソロジー』と改名されました。

(尚、このチャネリング秘話ですが、実はこの話は、半田広宣さんが用意した、ただの作り話でしたって捉えて貰っても、別に構いはしないと思います。
問題は、ヌーソロジーの持つ、その情報の奥深さだと思います。
ちなみに、「OCOT」との交信は1989年~1995年の期間で終わり、現在は途絶えているようです。)

ヌーソロジーの概要や、その雰囲気を掴むのに、一番適した書物としては、
シリウス革命などが上げられます。

また、最近、「Raimuのヌーソロジー入門」というのを書きました。こちらで、ヌーソロジーの内容や雰囲気が、知識ゼロからでも分かるように書いたので、よろしくお願いします。

このように、ヌーソロジーは、人間の精神を幾何学や量子論で解き明かすことにより、物質と精神の接合点を見出し、科学的思想とスピリチュアル的思想とを統合する可能性などを秘めています。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


※2009年ヌースレクチャーのオープニングムービー。ヌースの幾何学的な理論によって作られた機械、NCジェネレーター、通称『7の機械』と呼ばれるものが稼動している姿が映されている。これにより、物質を構成する分子を、「精神の反映として存在」として、正しい位置に持っていくことで、心と身体を調和する物質を作りだすことができるとかなんとか。「ヌースコーポレーション」で販売されてる製品は、すべてこうした機械によって処理されたものが売られている。
 



※2013年ヌースレクチャーのオープニングムービー。凄く格好良いです。NCジェネレーターの新作である、通称『9の機械』と呼ばれるものが稼動している姿なんかが映されている。
 



※半田広宣さんが2015年に行った第一回大阪ヌーソロジーレクチャーの開始35分まで。この大阪レクチャーは第一回目だけUstreamで配信されていて、Youtubeにも無料アップロードされている。この一節だけでもヌーソロジーの目指している方向性が簡潔に語られているので、「ヌーソロジーとは何か?」というのを知るのに最適な動画となっている。

|

« 息抜き。 | トップページ | ψ1~ψ6、一望図 »

ヌーソロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1691516/46732007

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヌーソロジー』とは何か?ちょっと軽く説明してみる。:

« 息抜き。 | トップページ | ψ1~ψ6、一望図 »